文字サイズ
ページの上へ戻る

その他のご案内

お知らせ

インフルエンザ予防接種 毎日午前・午後実施中

インフルエンザ予防接種を毎日午前・午後とも実施しております。
土曜日も午前・午後とも実施、
日曜日は月1回、午前に接種を行っております。

インフルエンザはワクチンを接種してから、抗体ができ始めるまでに
約2週間程かかると言われています。
毎年12月ごろから始まる流行時期が来る前に、早めの接種をおすすめします。

お電話でご予約の上、お越し下さい。当日予約も承ります。

実施日時
月・火・水・木・土曜日  10:30~11:30 / 13:30~14:30 / 15:00~16:00
金曜日          10:30~11:30 / 13:30~14:30 / 15:00~16:00 / 17:10~18:30
日曜日(月1回)      10:30~11:30

実施料金(税込) 大人(13歳以上)          4,000円
★当診療所を利用したことのある方は 3,800円
1歳~12歳未満のお子様  2回法    7,000円

※2回接種される方は、4週間間隔が望まれます。
2回目をキャンセルされた場合でも返金はできませんので、予めご了承下さい。

低線量CT装置の導入に伴う肺がん検診のお知らせ(再掲)

当診療所では、超低被ばく128マルチスライスCT装置Revolution EVO(GE社製)を導入致しました。今回導入した装置では、低線量モードにより今までの装置での被ばく量の約1/10で検査が可能となります。
低線量CT検査は、肺がんの早期発見に有効とされています。特に喫煙歴のある方は肺がんに罹患する確率が高いため、喫煙歴のある50歳以上の方、喫煙歴が20年以上の方、1日の本数×喫煙年数が400を超える方は低線量胸部CT検査の受診をお勧めします。

◎肺がんの現状
日本人の『がん』死亡第一位は肺がんです。肺がんの死亡率を減らすためには早期発見・早期治療が重要となります。
肺がん検診には、胸部X線検査や喀痰検査が行われていますが、早期の小さながんを見つけることは困難です。そこで、骨や血管、気管支などの組織の重なりのない断面像で小さな病変を早期に検出できる低線量胸部CT検査が有効とされています。

◎胸部X線と胸部CT画像の比較
胸部X線は、心臓・大血管・骨・気管支などが重なるため、小さな病変は隠れてしまいます。CTは断面像(輪切り)になるので、微細な病変が描出可能となります。
CT検査を受けてはじめて発見できた、実際の肺がんの画像を提示します。

1.血管や気管支に重なるため診断困難なケース

胸部X線画像(左)では肺血管や気管支陰影に重なり、隠れてしまいます。CT画像(中央・右)では右肺に大きな腫瘤がくっきりと認められます。

2.骨と重なるため陰影が隠れるケース

胸部X線画像(左)では病変部が肋骨と重なり、陰影が不鮮明になります。CT画像(中央・右)では、はっきりと右肺に結節影が認められます。

3.微小な病変のため胸部X線では検出できないケース

胸部X線画像(左)では、病変は微小過ぎるため検出できません。CT画像(中央・右)では、淡く小さな病変として検出することができます。

◎気になる被ばくについて
私たちが日常生活で、知らぬ間に日本国内で自然界より受けている自然放射線量は1年間に2.1mSv(ミリシーベルト)です。自然放射線の量は地域によっても変わります。世界平均で2.4mSv、インドのケララ地方では9mSvと高く、日本の5倍近い数値となります。
また、放射線管理従事者の許容被ばく線量は、年間50mSv、5年間で100mSvと定められています。
低線量胸部CT検査では、1年間の自然放射線量の約1/3以下の線量(約0.6mSv)
で検査が可能となります。

がんリスクの発見に 子宮頸がんウィルス検査のご案内

人間ドック・健康診断で子宮細胞診(医師採取)検査を受診される方に、
子宮頸がんウィルス(ヒトパピローマウィルス)検査
(オプション検査価格:税別4000円)
をおすすめします。

ヒトパピローマウィルス(HPV)は、子宮頸がんの原因になるウィルスです。
性交渉経験のある女性であれば感染そのものは稀ではなく、感染してもほとんどの方が免疫の働きで自然に排除されます。一部の方はウィルスが排除されずに残り(持続感染)、前がん病変を経て子宮頸がんを発症します。

子宮細胞診検査ではがんを疑う異常な形の細胞の有無を調べるのに対し、
ヒトパピローマウィルス検査はがんの原因となるウィルスの感染の有無を調べます。
子宮細胞診検査とヒトパピローマウィルス検査を組み合わせることで、
より正確な判定が可能になります。

また、ヒトパピローマウィルスには80種類以上の遺伝子型が存在し、型別に子宮頸がんの発症リスクが異なります。感染されていた場合、ご希望によってさらに詳しい検査を行い、がん発症可能性の高い型に感染しているかどうかを調べることもできます。

子宮頸がんは前がん状態からゆっくりとがんへと進行するため、定期的な検査によって病変を早い段階で見つけ出すことが重要です。
ヒトパピローマウィルス検査を加えて、子宮頸がんリスクの早期発見にお役立て下さい。

9月休診日のお知らせ

9月18日(月・祝)、9月23日(土・祝)は休診とさせていただきます。
 
 
 
 
 
 
 

第12回塩小路メディカルサロンのご案内(2017/10/11)

第12回 塩小路メディカルサロンのご案内

過去実施履歴

京都市国民健康保険ドック予約受付中

2017年度 京都市国民健康保険を実施しております。
7月1日より、後期高齢者人間ドックの予約受付も開始いたしました。
受診定員に限りがありますので、お早めにご予約下さい。

※40~74歳で京都市国民健康保険人間ドックご受診をご希望の方は、キャンセル待ちを承っております。
 一度お問い合わせ下さい。
    ご予約・お問い合わせ →医療法人創健会西村診療所 TEL:075-365-3339

※受診対象者の方で、まだ京都市からの受診案内が届いていない場合は、京都市保険年金課にお問い合わせ下さい。
    京都市保険年金課    TEL:075-213-5862
 
①京都市国民健康保険 人間ドック 
  対象者:40~74歳の京都市国民健康保険 被保険者の方 (受診定員: 350名)
  ※2017年4月1日~2018年3月31日の間に40歳になられる方は、
   満40歳の誕生日以降に受診可能です
  予約受付:2017年6月1日~2018年3月31日  
       定員に達しましたら予約受付を締切とさせていただきます。
  受診期間:2017年7月1日~2018年3月31日

②後期高齢者医療保険 人間ドック 
  対象者:75歳以上の京都市後期高齢者医療制度 被保険者の方(受診定員:35名)
  ※2017年4月1日~2018年3月31日の間に75歳になられる方は、
   満75歳の誕生日以降に受診可能です。
   それ以前(満年齢74歳の期間)は①国民健康保険人間ドックをご受診下さい
  予約受付:2017年7月1日~2018年3月31日  
       定員に達しましたら予約受付を締切とさせていただきます。
  受診期間:2017年8月1日~2018年3月31日

費用 ①②共通/税込金額 胃検査なしの場合
             9,720円 (女性)子宮がん検査追加の場合は11,016円
             胃検査ありの場合
             12,300円 (女性)子宮がん検査追加の場合は13,590円

※胃検査はバリウム(上部消化管バリウム検査)と胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)の2通りございます。
※子宮がん検査は、子宮頚部細胞診(医師採取)です。

※女性の方全員に、乳房視触診検査が含まれます。
 男性で50歳以上の方には、PSA(前立腺がんの腫瘍マーカー検査)が含まれます。
 その他ご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。

    ご予約・お問い合わせ →医療法人創健会西村診療所 TEL:075-365-3339

5000円分の検査無料 イブニングドック割実施中

毎月2回、金曜日17時開始のイブニングドックをご受診いただく方に、
オプション追加検査を5000円分割引させていただきます。

対象コース:エグゼ・スーペリア・カスタムF・カスタムM
※対象項目はこちらをご覧ください   →イブニングドックの対象項目

イブニングドックは2017年12月まで、金曜17時より実施予定です。
8月からの設定日は、8/18、9/22、9/29、
10/20、10/27、11/17、11/24、12/22です。

※胃検査はバリウムとなります。

混雑の少ない夕方からの人間ドックを、さらに充実した内容で受診していただける機会です。
ご予約・ご利用をお待ちしております。

イブニングドックの対象項目

Download the PDF file .

8月休診日のお知らせ

2017年8月11日(金)~16日(水)まで休診させていただきます。
人間ドック結果の発送については、以下の通りとなりますのでご了承ください。

・2017年7月31日(月)までに受診の方→2017年8月10日(木)までに発送いたします。
※追加検査内容により、発送日が遅れる場合もございます。
2017年8月1日(火)以降に受診の方→2017年8月17日(木)より順次発送いたします。

京都市国民健康保険ドック 6月1日より予約受付中 / 後期高齢者は7月1日予約開始

2017年度 京都市国民健康保険・後期高齢者医療保険 人間ドックを実施いたします。
健康チェックや生活習慣の見直しに、この機会をご利用ください。
受診定員に限りがありますので、お早めにご予約下さい。
    ご予約・お問い合わせ →医療法人創健会西村診療所 TEL:075-365-3339
 
 
受診対象者の方で、まだ京都市からの受診案内が届いていない場合は、京都市保険年金課にお問い合わせ下さい。
    京都市保険年金課    TEL:075-213-5862
 
 
①京都市国民健康保険 人間ドック 
 対象者:40~74歳の京都市国民健康保険 被保険者の方 (受診定員:350名)
   ※2017年4月1日~2018年3月31日の間に40歳になられる方は、
    満40歳の誕生日以降に受診可能です
 予約受付:2017年6月1日~2018年3月31日  
      定員に達しましたら予約受付を締切とさせていただきます。
 受診期間:2017年7月1日~2018年3月31日

②後期高齢者医療保険 人間ドック 
 対象者:75歳以上の京都市後期高齢者医療制度 被保険者の方(受診定員:35名)
   ※2017年4月1日~2018年3月31日の間に75歳になられる方は、
    満75歳の誕生日以降に受診可能です。
    それ以前(満年齢74歳の期間)は①国民健康保険人間ドックをご受診下さい
 予約受付:2017年7月1日~2018年3月31日
      定員に達しましたら予約受付を締切とさせていただきます。
 受診期間:2017年8月1日~2018年3月31日
 
 
費用 ①②共通/税込金額 胃検査なしの場合
             9,720円 (女性)子宮がん検査追加の場合は11,016円
             胃検査ありの場合
             12,300円 (女性)子宮がん検査追加の場合は13,590円

※胃検査はバリウム(上部消化管バリウム検査)と胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)の2通りございます。
※子宮がん検査は、子宮頚部細胞診(医師採取)です。

※女性の方全員に、乳房視触診検査が含まれます。
 男性で50歳以上の方には、PSA(前立腺がんの腫瘍マーカー検査)が含まれます。
 その他ご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。
    ご予約・お問い合わせ →医療法人創健会西村診療所 TEL:075-365-3339

1 / 41234